History of SPIRITS 
Team SPIRITS・・・ラテンマインドの足跡をここに!

第268回Spiritsイベント

紅葉&とうふツーリングin会津!
(史上初!平日込みの宿泊イベント!)

2009年1018日〜19日:参加台数7台8名 ブラッディー155の走行距離は590km

ルート:東北自動車道佐野S.A.− 宇都宮インター−日光宇都宮道路−今市インター−国道121号線−龍王峡−日塩もみじライン−国道400号−会津田島の蕎麦屋「かいなり」で昼食−国道400号−白森清水で水汲み−からむし織の里で時間つぶし−玉梨とうふ茶屋−西山温泉「滝の湯旅館」で宿泊−19日は河原で芋煮−国道252号−小出インター−関越自動車道塩沢石内S.A.で解散

< 参加メンバーリスト>

アルファロメオスパイダーTS16V(グランブルー)温泉幹事

シトロエンC5 (アミュゼ&同乗シャチョー)ツーリング初参加

ルノートゥインゴGT(ぴっぽ@素WINGO)

BMW130i(びる)

フォードエスコートRSコスワース(ノコノア)お見送り参加

スズキジムニー(寺ちゃん)TeamYKK代表にして今回名誉会員登録

アルファロメオ155 TS16V(ブラッディー)

プロローグ

By ブラッディー@155

今年の秋のツーリングは闇夜会で決まった!
9月7日に開催された闇夜会、「アミュゼ」さん、「シャチョー」さん、「harry」さん、「グランブルー」さん、「ブラッディー」の5名が川越の街に集結。その中で「なんとアミュゼサンがツーリングに参加したことがない」と言う話が勃発!そこで「アミュゼ」さんの大好きな「とうふ」を食べることを前提にツーリングをしようと企画。「とうふ」と言えば会津の「玉梨とうふ茶屋」!ということで秋のツーリングは会津方面へいくことに決定!どうせ行くなら紅葉シーズン真っ只中と言うことで、2002年に走破した日塩もみじラインで紅葉も楽しむことになった。
んで、「シャチョー」さんのお休みは日曜日。ならば日曜日に会津へ向かってそのまま宿泊!?というとんでもない発言が飛び出して宿泊イベントに発展。
さらに・・・TeamYKKの「寺ちゃん」がSpirtisイベントに初参加したいと言うことで、現地合流が確定!
こうして日曜日〜月曜日と言う平日を使っての宿泊イベントと言うとんでもない企画に発展したのであった。

前日17日(土)は雨。空けて18日はなんと快晴!いつものように!?天気に恵まれた2日間となったのであった。
温泉宿は「キャノンボール・レボリューションズ」で幹事下見時に宿泊した西山温泉「滝の湯旅館」を「グランブルー」さんが手配。残念ながら「アミュゼ」さんと「シャチョー」さんは所用で肝心の「玉梨とうふ茶屋」には行けなかったのであるが、快晴の空の下で紅葉を満喫。会津を堪能したのであった。
ちなみに「ぴっぽ」さんはこのツーリングのためにi-pod nanoをまたまた購入。なんと車載カメラとして常設するのだそうな。曰く「悪い子の行いを克明に記録する」のだそうな(笑)
では盛りだくさんのこの2日間、一気にレポートしてみることとしよう。

10月19日(日):AM7:00 東北自動車道佐野S.A.〜もみじライン〜会津田島蕎麦屋さん「かいなり」

[ブラッディー]は6:00にセットした目覚まし時計が鳴る1時間前の5時に起床。前日早寝したのが功を奏したのだが早すぎる!でも寝るわけにいかないのでそのままスタート。川越市内のマクドナルドで朝マックして腹ごしらえし、東北自動車道羽生インターへ向かう。マックをスタートしたのが6:30だったので7:30には佐野へ到着できるはず。
この時間は前日の雨の影響で霧がひどい
順調に高速に乗り、羽生S.A.に停車中の8Cコンペティツィオーネらしき影を見ながら東北道を爆走。佐野S.A.に到着したのは7:10・・・ちと早かった・・・
と思いきや、既に佐野S.A.には「グランブルー」さん、「アミュゼ」さん、「シャチョー」さん、「ぴっぽ」さんが到着済!みんな早すぎるってば!
と、そこにこんな車が!

おいおい、カウンタックだよ〜      カレラRSと並んで俺たちの横かよ〜
8Cコンペティツィオーネかよ〜
この人たち、どうやらスーパーカー関係のオーナーズクラブらしいのだが、ロードスターやNSXもいてなんとなく我々と同じような雰囲気。フレンドリーな人たちだった。
そうこうしていると・・・
なんと「ノコノア」さんが登場!
久しぶりー!今日はこれから仕事だとのことだが、お見送り参加してくれたのだ。さらに「レモン牛乳」の差し入れを持参。翌日の二日酔いの薬だとか(笑)
ということで「びる」さんの駐車スペースを確保
したのだが、ここに止めようとするKYの多いこと多いこと!一度は追っ払ったのだが、最後は諦めムード。のんびりと「びる」さんを待つ。
それにしてもこの日はツーリングらしき団体が多い。圧巻だったのは
ハーレー50台くらいのこの団体!
そして7:55に「びる」さん到着。時間ぴったり!素晴らしいタイムコントロール。
では、ここで参加者の車両を紹介

アルファスパイダー「グランブルー」   シトロエンC5「アミュゼ&シャチョー」

エスコートRSコスワース「ノコノア」   ルノートゥインゴGT「ぴっぽ」

BMW130i「びる」            アルファ155「ブラッディー」

トイレを済ませて早速出発。日曜日の朝とはいえ高速1000円の影響で既に混雑は始まっている。第2チェックポイントの日光口P.A.で合流するメンバーはいなかったので、ルートは日光宇都宮道路から直接国道121号線に出て、鬼怒川経由でまずは龍王峡まで行くことにする。なんだかキャノンのコースみたい(笑)
今回は5台のトランシーバーを持参した「ブラッディー」だったが、なんと1台が故障!結局お見送りの「ノコノア」さんと最後にやってきた「びる」さん以外の4台にトランシーバーを配備。

東北道はやはり混雑気味なので高速撮影は日光宇都宮道路に入ってからにする。
でも隊列走行はしっかり撮影!
宇都宮インターで降りようとして減速車線で急ブレーキ!それは・・・
ETCレーンが1個しかない!渋滞するに決まってる!
ここでETCレーンを諦めて一般レーンに行ってもいいのだが、絶対にETCレーンで待つほうが早いということで大人しく待つ。
日光宇都宮道路に入っても紅葉狩り観光客と思われる車でかなり混雑している。清滝ー今市間では渋滞しているらしいので今市で降りることにしたのは正解。追い越し車線をのんびり走る観光客は蹴散らして、視界が開けたところで高速撮影開始!

びる                  ぴっぽ

アミュゼ

グランブルー
ごめん!「ノコノア」さんの撮影を失敗してしまった!!
無事に先頭に出た「ブラッディー」はもちろん
ミラー撮影も敢行!
今市まで渋滞なく到着。高速を下りる。今市の街の中はなんだか祭りをやっていたようで、山車などが出ていた。あと、妙にデコトラが多かったのだが、まさか・・・祭りとは関係ないよね?

国道121号線と120号線の交差点で「ノコノア」さんが離脱。仕事前にわざわざありがとう!
残る5台は鬼怒川温泉を抜けて龍王峡へ向かう。天気はいいし車は少ないし快適快適!日光いろは坂は大渋滞しているらしい。やっぱ男は黙って会津に行きなって(爆)
車がいないから撮影も快適!
そして龍王峡には9:00到着。予定通り!(というか早すぎる?)

ここではトイレ休憩&だべり・・・。「シャチョー」さんがここで缶コーヒーを振舞ってくれる。まだ朝だからなあ。モーニングコーヒーは嬉しい。

駅前に駐車していたら、観光客がかなり興味心身で我々の隊列を観察。まだまだ注目を浴びるSpirits(笑)
ここでは15分ほどの休憩で出発。いよいよ日塩もみじラインへ入る。前を走っていた車は全て国道121号線を川治方面へ左折したので、「ブラッディー」の前の視界が一気に開ける!
おおっ!久々のワインディング全開だ!ツーリング初心者「アミュゼ」さんがいることも、後ろに悪い子の行いを記録する「ぴっぽ」さんの車載カメラが控えているのもこのときは忘れて右足に力が・・・
その結果、コーナー3つで後ろの「ぴっぽ」さんがミラーから消えてしまった。
・・・しかし・・・
気持ちいいのもつかの間、あっという間に動くシケインにつかまって減速。ここで我に返る(爆)
譲ってくれる車もいたのだが、ほとんどは頑固に40km/hをキープしているので・・・

後方撮影することで眠気を覚ます     紅葉は標高が上がるに連れてどんどん深まる
空気が澄んでいて気持ちいい〜
景色の綺麗なところがあったら休憩しようとトランシーバーでやり取りし、見つけたのは「白滝」という滝のある峠の茶屋。

強引に駐車するしかない!        これが白滝

素晴らしい空と山            そして景色を堪能するオジサンたち
しばし山の景色に見とれた後は再び遅い車に引っかかりながらもみじラインを塩原へ向かう。ハンターマウンテンスキー場近くは標高も高いので紅葉も素晴らしい

路肩は落ち葉がすごい          紅葉なり始めのもみじライン
もみじライン終点の料金所スペースで予定通り休憩。時刻は10時。「アミュゼ」さんと「シャチョー」さんは夕方5時には帰宅しなければならないとのことで、ここからのタイムスケジュールを相談。せっかく会津まで行くんだから、蕎麦を食べて帰ったほうがいいと提案。昼食は会津田島の「かいなり」で摂ることとして早速出発。
ちなみに米沢からやってくる「寺ちゃん」とは「玉梨とうふ茶屋」で15時に待ち合わせしていたのだが、このペースでは明らかに早く着いてしまう。そこで「寺ちゃん」にメールを入れて玉梨待ち合わせを14時に変更。

もみじライン料金所にて         前方の山々は紅葉真っ盛り
塩原で国道400号線に出てそのまま北上。相変わらず動くシケインが多いのには閉口。でも・・・

国道400号線はさらに紅葉が深まってくる。こりゃ会津方面まで行ったらもっと凄いぞ〜
予定通り11時に「かいなり」到着。なんと・・・お客さんは全くなし。昼食時の前なのでラッキーだったかも!

蕎麦処かいなり             仲間ですから・・こんな駐車方法でも平気

我が物顔で座敷へ(爆)         全員が天ざる蕎麦 自己主張無し(爆)
いつもながらここの蕎麦はよく冷えた白い蕎麦が特徴。初めて食べることになる「アミュゼ」さん、「シャチョー」さん、「びる」さんも大満足。会話の中身は過去のツーリングの話やこの辺の見所の話。食事後に埼玉へ戻らなければならない「アミュゼ」さんたちに帰路の見所やお土産を紹介。

PM0:00 「かいなり」出発〜白森清水〜からむし織の里〜玉梨とうふ茶屋
ちょうど1時間で昼食を終えたころ、「かいなり」にはお客さんが続々とやってくる。我々は5台6名と言う超非効率駐車をしているので退散することとする。
「アミュゼ」さん、「シャチョー」さんとはここでお別れ。
帰りも気をつけて〜
残り4台になった隊列は国道121号線で会津田島市街へ向かう。この時間になると車の量も増えてきたのでのんびりと走行。
会津田島市街で国道400号線に分岐、一気に昭和村方面へ。ここからは車の量も少なくなるので再び全力疾走!田島から昭和村に抜ける国道400号線は、舟鼻峠という峠越えが難所(酷道!)だったのだが、なんと今年に入ってトンネルで一気に抜けるバイパスが開通していた。このバイパスが快適快適!ただでさえ早く着きすぎちゃうのにもっと早くなっちゃう〜〜。
しかもこのバイパス、地図にもナビにも存在しないので旧道のどこに出るのかさっぱり分からない。トランシーバー会話で「白森清水の手前に出るのか先に出るのか分からん!」と大騒ぎ
でもところどころに旧道もあり
そして舟鼻峠付近は紅葉真っ盛り!景色の素晴らしさに思わず緊急停車。

見てください、この紅葉の素晴らしさ! 
車が全くいない!
しばし景色に見とれた後、再び白森清水目指して出発!しかし・・・
エスティマに引っかかる
このエスティマ、直線でブレーキ踏んでいるの分かる??信じられないドン臭さ。こういう奴は早く交わすに限るのだが、バイパスがここで終わってしまい・・・

後方撮影で暇をつぶすしかない・・・   ヘアピンで撮影するとカッコイイな〜
こんなに遅いとタバコ吸いながら後方撮影しながらトランシーバーで会話できちゃう
ようやくエスティマをぶち抜いて一気に白森清水へ・・・と思ったら
うげ、別のエスティマが現れた!
こいつもかなり遅い・・・。この日はこの後も白いエスティマに行く手を阻まれ続けることに・・・

この頃、トランシーバーの会話では白森清水の所在が話題になっていた。バイパスで白森清水を通過してしまっているようなので博士峠に行こうと言う話になったのだが、なんとこのエスティマをパスした直後に白森清水発見!ようやく自分たちの所在が明確に!

栃木から水汲みに来ているという夫婦は、荷室に水タンク満載!我々に先に汲ませてくれる。何でも1ヶ月に1度はここに水汲みにきているのだそうな。考えてみればミネラルウォーター毎日買うよりも安いかもしれない。
ペットボトルを忘れたメンバーのために「ブラッディー」はこんなにペットボトル持参。大いに役立った!
白森清水周辺も素晴らしい紅葉
水もちゃんと汲めたし、いよいよ玉梨とうふ茶屋へ出発!
ここからは「グランブルー」さん先導
ところが・・・またまた前方に白いエスティマが!「グランブルー」さんは当初「もうゆっくり行きましょ」と言ったのだが、わけのわからない直線でブレーキを踏まれてプツン!「やっぱダメ、我慢できない」と一気に抜き去る(爆)
ホント、運転免許持ってんのかね〜と言うようなエスティマの多いこと多いこと。

しかし・・・このとき時刻は12:30.どう考えても13時には玉梨とうふ茶屋に到着してしまう〜。そこで途中の「からむし織の里」で小休止することとする。考えてみれば今回の4人は昨年もここに来ている。毎年1回は来ているような・・・Spiritsメンバー

からむし織の里駐車場にて        この建物、織姫交流館って言うのね・・
ここでトイレに行ったりお土産を物色したりしていたのだが、庭では地元の野菜などを売っている所もあり、かなり賑わっていた。
コーヒー200円に釣られて発注!
ミル引きで一杯づつドリップするコーヒーをこんなところで飲めるとは思わなかった!

13:30まで時間をつぶした4人は玉梨とうふ茶屋へ出発。この頃からちょっと曇りがちになってきた。山の天気は変わりやすい。玉梨にかかる頃になると雨がポツリポツリとやってくる。オープンにしていた「グランブルー」さんは大丈夫か?と思ったが、走っていれば大丈夫と言うことでそのまま一気に突っ走る。だって信号がないからとまることはまずないもんね。
13:45玉梨とうふ茶屋到着
ちょうど昼食時を終えた後なので駐車場もガラガラ。駐車場で「寺ちゃん」を待つことにしたのだが、ここで再び雨が降ってきたので店内へ。

注文したのは寄せ豆腐と幻のあおばと豆腐 そして揚げ豆腐
かいなりで蕎麦を食べた後なので5人で3つだけ。でも充分にでかいのでこれで充分!
豆腐を食べ始めた頃に「寺ちゃん」が到着!早速5人で豆腐を食べる。
「寺ちゃん」到着
ちなみに「ブラッディー」以外の3名は「寺ちゃん」とは初対面・・・なのだが、なんだか10年前くらいからの知り合いのようにあっという間に打ち解ける(笑)
豆腐を食べ終わった頃に店主がドーナツをサービスしてくれた!
いつもながらここのお店はフレンドリー。必ずおからとかドーナツを無料でくれるのだ。ということで
もちろんお土産のドーナツ購入!

このジムニーが「寺ちゃん」の車。かつてはFD3Sに乗っていたのだが、「速さはバイクで、車は快適に」のコンセプトのもと、雪国で使いやすいジムニーにしたのだそうな。冬は温泉めぐりに大活躍しているらしい。

PM14:45 玉梨とうふ茶屋〜西山温泉「滝の湯旅館」
全員集合したところで今日の宿である西山温泉へと向かう。ここからの先導は地元?の「寺ちゃん」に任せて「ブラッディー」は最後尾追尾。
国道252号線を北上
先頭「寺ちゃん」はジムニーのペースが遅いのではと気にしていたのだが・・・全然そんなことないぞ〜
はっきり言ってSpiritsの「普通のワインディングペース」だぞ〜。ま、バイク乗りなので血が騒ぐのであろう(爆)

15:15、西山温泉「滝の湯旅館」に到着。駐車場が小さいので、旅館前には2台のみ駐車。じゃあ他の3台は?

河の向こうの桜の木の手前が滝の湯さんの土地らしい。

これが「滝の湯旅館」自家源泉を持つ「秘湯の会」メンバーの旅館。今回は2部屋をキープ。写真の部屋は宴会部屋となるであろう3人部屋。んで、到着直後に

ビールでしょ              飲むでしょ
16時に飲み始めるって最高の贅沢。しかも日曜日の夕方に温泉旅館にいて帰らなくてもいいという贅沢!

「ぴっぽ」さんが見ているのは・・・もちろん車載カメラに使ったi-pod。行程のほとんどを「ブラッディー」の後ろにいた「ぴっぽ」さんが捉えた画像は・・・結局「ブラッディー」の悪行の数々だけだった(爆)
でも、この使い方はかなり効果的。だって2万円くらいで車載動画が楽しめるし、16GBなので2日間くらいなら余裕で記録できる。この動画は忘年会で公開予定!
この頃「アミュゼ」さんからメール着信。無事に到着したとのこと。途中で旧車のイベントに乱入したらしい(笑)

ビールで疲れを癒した後はもちろん温泉で癒されることに!向かったのは

もちろん露天風呂            禁断の画像も公開しちゃう!
前回の時はかなり暑かった記憶があるのだがこの日は適温!のんびりと20分ほど入浴。心から暖まる
こちらは内湯
内湯は二つあって男湯と女湯を夕食時間帯に交換するので、宿泊すると両方楽しめる。この日のこの時間は露天と男湯が同じ共同源泉から引いていることが判明したので内湯は断念。その理由は・・・再びビール飲むから(爆)
温泉に入るとビールが飲みたくなるのは心情。再び部屋でビールを飲み始める。
「寺ちゃん」がなぜかパソコンを
これ、なんと自分のバイク[GSX-R]で津軽半島を走ったときの車載カメラ映像を見せようというのだ。画像だけ見ていると酔う酔う!ここでさらにYKKおなじみの「寺○ミシュランガイド」が登場!全国の温泉ミシュラン、見所ミシュラン、ラーメンミシュランを一覧表ガイドにしてあるのだ。その数全部で300くらい!すさまじいガイドだ。
そのミシュランを見ていて温泉談義に花が咲く。「グランブルー」さんと「寺ちゃん」の会話が凄い
「そうそう、そこの温泉の先を左に曲がると・・・」
「いやあ、あそこの温泉は熱過ぎ!」
「秘湯と言えばあそこ」
出てくる出てくる全国各地の温泉秘話!なんと言っても埼玉県在住「グランブルー」さんと山形県在住の「寺ちゃん」が青森県の話しで盛り上がってる。バイクの車載カメラ画像を見て
「あ、ここ左でしょ。そうそう、この温泉は・・・」
こういう会話、信じられん!

大いに盛り上がった18:30、夕食時間になる。今回は大広間での食事
うわ、大広間に5人だけ!

いつもながらものすごい量の料理     今回は岩魚の骨酒を発注!
秋の旬はきのこ料理なので、この日もきのこを使った料理が多い。岩魚の骨酒ときのこで橋が進む進む!
結局ご飯を食べる前に全部平らげてしまった。そこで女将さんが
サービスですので食べてください
でも、さすがに一気にこの量の料理を食べてしまったのでみんな満腹。ここから箸が止まる(爆)
結局みんな一膳飯で終了!
満腹になった19時半、部屋に戻って2次会(3次会?4次会?)。19時半と言う時間が信じられないほどまったり状態。
布団があると寝そうだ・・・
入れ替え制の内湯が入れ替わった頃にみんなで入浴。自家源泉の内湯はさらにぬるめ。じっくりと入っていると本当に体が温まる。しか〜し、それで酒が抜けたぞ〜ということで再び飲み会突入!
「寺ちゃん」持参のワインが出てくる
ここからはツーリング談義やらSpirits結成秘話、YKK結成秘話などで盛り上がる。「寺ちゃん」って今回初対面だったんだっけ??
そしてこの人はいつものように撃沈
結局ワインとビールはどんどんなくなり、気がつけば1時半!9時間半に及ぶ夜会はここに終了
よく飲みました(爆)

10月19日(日)AM8:00 起床〜芋煮会
[ブラッディー]は内線電話の音で目が覚める。でも「寺ちゃん」が電話を取るまで何もしない(爆)
朝食時間だと言うことでモソモソ起き出してくる。この時間にすっきりお目覚めだったのは「ぴっぽ」さんのみ。「ぴっぽ」さんは朝6時に目覚めて露天と内湯療法に入ってきたのだそうな。
ちなみに快晴!

朝食もボリュームたっぷり        しっかりと全部平らげる!

部屋に戻って早速朝風呂へ。露天でまったりして前日の酒を抜く(爆)その後「ブラッディー」は再び撃沈(核爆)
9:30、そろそろ支度しなきゃ!ということになる。この日の予定は実は何も立てていなかったのだが、なんと「寺ちゃん」が
「山形名物芋煮をやろう」
ということで食材その他を全て持参してきていたのだ。まさにサプライズ企画!しかし問題は場所。河原でやらねば芋煮ではないのだそうな(笑)
そこで・・・滝の湯前の河原があるじゃん!と言う話に!早速「寺ちゃん」が女将さんに掛け合うと、
「うちの土地じゃないですし、いいですよ〜」
じゃあ!ということで河原を物色に行く「寺ちゃん」

この場所はどうかな〜          板外しちゃえ〜

結局「滝の湯旅館」から直接河原に下りる階段があるのでそこを降りたところで芋煮会をやることとする。
10時、滝の湯をチェックアウトして早速河原に荷物を運び込む5人

これが芋煮会場になる河原の上流側    河原に立つ「ぴっぽ」さん。哀愁?

「寺ちゃん」の持参した食材と器材
芋煮鍋、BBQコンロ、薪、備長炭、包丁、まな板、ボール、芋、野菜、肉、水などなど

やっぱり薪でやらなきゃいけないのよ!  芋煮は男の火遊びだ!
ちなみにこの芋煮鍋、米沢ではスーパーマーケットで貸してくれるのだそうな。
こちらはBBQコンロ
なんで芋煮にBBQコンロが?芋煮にはBBQが併設されるのが常なのだそうな。そして食べるのは

米沢牛1kg!              凄い霜降り〜
ところが、このBBQコンロの備長炭が全然着火しない。「寺ちゃん」曰く、2年前くらいから放置されていた炭だそうで湿気てしまったらしい。いろいろとチャレンジしているのを見かねて「滝の湯」のご主人がバーナーを貸してくれたのだがそれでもダメ!
結局・・・・

滝の湯から木炭をもらう         そしてようやく着火!

その頃、鍋のほうは
野菜スープ状態完成!ここから肉投入
そして煮込むこと30分!11時に芋煮完成!

うお!美味そう〜〜           シェフ自ら取り分けます(By料理の鉄人)
米沢の芋煮は野菜をたっぷり煮込んだスープにしょうゆと酒で味を整え、牛肉の脂身が染み渡ったあっさりの中にもコクのある味が特徴。同じ芋煮でも福島の浜通りや山形の日本海側では味噌味だったり豚肉を使ったりするところもあるらしい。
「寺ちゃん」特製芋煮の味は絶品!とにかく芋も肉も声の出ない美味さ

みんな思い思いの体制で芋煮を楽しむ
ところがここで問題発生!考えてみれば・・・作りすぎ?
各自2杯づつたっぷり食べたのだが全然減らない・・・。ということで「滝の湯」の皆さんにも食べてもらおうと

特別ゲスト、滝の湯旅館の皆さんです!  河原で地元の特産や芋煮の話などをして昼食
ここでBBQも開始!
米沢牛の霜降り最高級かルビ!何もつけなくてもめちゃめちゃ美味い!しかし腹は一杯でなかなか食べきれない。
「滝の湯」の女将さんは牛肉を食べたことがなかったとのことなのだが、この米沢牛カルビを絶賛!「今後は牛肉も食べます」だそうな(笑)
平日の昼下がり、皆様いかがお過ごしですか?
腹もいっぱいになったところで温泉の話で盛り上がったのだが、ここで女将さんが「近くに河原を掘ると温泉が出てくるところがあるんです」と教えてくれた。歩いて10分ほどのところだというので・・・
いくんかい!手にはピッケル!

探検隊は行くのだ!道なき道を!     おっ!あれは
おおっ!まさに!
しかし・・・確かに温泉は出ていそうなのだが、水と融合してかなりぬるい。ちょっと入るのは無理!でも、適温だったら間違いなくみんな裸になって入ったであろう(爆)
河原に手を突っ込むと砂の中が熱かった
食後の散歩も終わったところで芋煮会場に帰還。そこで「寺ちゃん」が「滝の湯」さんに残りの芋煮もいりませんか?と声をかけ、
しっかりもらっていただきました!
そして残った芋煮を使ってなにやら「寺ちゃん」が始めた

何か入れてる・・・           うどん?

シェフ自ら取り分けているのは・・    カレーうどんだ!
このうどんがまた絶品。まさに別腹メニュー。「滝の湯」さんからもらったおにぎりと共にあっという間に平らげる。
芋煮といい、米沢牛といい、カレーうどんといい文句なし!ありがとう「寺ちゃん」!

PM14:30 撤収〜帰宅
14時半、そろそろ片付けに入る。考えてみれば前日の15時15分にこの場所に到着してから24時間ほど楽しんでいることになる。しかも平日に・・・
しかし・・・最後まで遊ぶことを忘れないお子ちゃまなオヤジたちは

火遊びかよ〜              最後は消火!しかし石が熱を持っていて蒸気が
残ってしまった最高級米沢牛は「滝の湯旅館」にプレゼント!芋煮と共にお客さんに出してもいいシロモノでしょう!最後に「滝の湯」の女将さんにお礼を言って解散!時刻は15時半。
埼玉方面に帰る4名と逆方向へ向かう「寺ちゃん」はここでお別れ
ありがとう「寺ちゃん」!

残った4台は東北道経由で帰ってしまうとインターを下りてからが大変だと言うことで、国道252号線で小出まで出て関越自動車道で帰ることとした。「ブラッディー」がタバコを切らしてしまったので、国道252号線に合流した直後に道の駅に停車。ここでタバコを購入。
出発後10分で小休止(爆)
その場で「グランブルー」さんが迷った挙句に会津坂下から磐越道ー関越道で帰ると決断。ここでお別れとなる。但し、小出までの一般道は高速経由よりも50kmは短いので、関越で再合流できればしようかと言う話になる。そこで「ブラッディー」は合流地点を越後川口S.A.で合流しましょうと提案。最初に到着したほうがメールすることとした。この「越後川口」がこのあとキーワードに!この話は後に続く
出発する「グランブルー」さん
3台に減った編隊は国道252号線を一路西進。西日をまともに浴びながら紅葉の中を進む。会津川口付近までは車も少なくて快適に飛ばしていたのだが、法定速度をしっかり守るトラックに行く手を阻まれてストレスの溜まる走行を40分ほど強いられる。よって

夕焼けの後方撮影!           紅葉と夕焼けの中を行く

只見川沿いを行く            ススキが綺麗だった

田子倉湖頂上付近でようやく自分がシケイン化していることに気がついたらしいトラックが退いたので、[ブラッディー]は ストレス発散のために全開!後方の「ぴっぽ」さんは西日対策でサングラスをかけていたのだが、ちょうどこの頃から日が沈んでしまい焦りまくり!しかもトンネル多いし!
でも田子倉から20kmくらいは快適なワインディングを楽しんだ。結局小出市街には17:30頃到着。ちょうどその頃に「グランブルー」さんからメールが!
「越後川口に着きました。でも小出はこの先ですよ。合ってます?」
あ・・・・塩沢石内と越後川口を間違えちゃった・・・・
結局塩沢石内S.A.で合流することとして「グランブルー」さんと合意。我々3台は関越に乗る。
関越に乗ってから気持ちよく飛ばしていると前方に赤色灯が。でもやけに遅い。近づいてみるとパトカーなのだが、80km/hで走っている。制限速度の表示が出ていないように思われたので「ブラッディー」が100km/hで近づいて抜いたのだが、直後に制限80km/hの標識が!
どうやらこのパトカー、80km/h制限になっていますよ〜と宣伝して回っているだけらしい。親切なのだろうが、それならもっと制限速度を表示する看板が欲しいところ。「グランブルー」さんも同じ宣伝中の覆面パトカーに遭遇したらしい。

18:20、塩沢石内S.A.に到着。しばらくしてから「グランブルー」さんも到着。「グランブルー」さん曰く
「越後川口と言う名のトラップにはまった〜。あれがなければ勝ってたのに〜」
ひえぇ〜、すびばせん・・・・

再び4台合流!             お疲れ様でした〜

帰りはここからばらばらで行くことにしてここで解散。各自のペースで帰宅。
「ブラッディー」はここからはなるべく全力疾走で帰宅(爆)。途中通勤割引を使うために(せこい!)赤城で一度下りて乗りなおし、えげつない運転をするコルベットをターゲットに爆走していたら20時に自宅に到着してしまいました。
先行していた「グランブルー」さんを抜き去る
壮大なる紅葉、とうふ、温泉、芋煮ツアーはここに終了した。
 

編集後記
すげえ2日間だった・・・なんだか1日を48時間くらいすごした気がする。
何が凄いって中身の濃さでしょう。紅葉を見るところから始まって、蕎麦食って、水汲んで、豆腐食ってくらいまでは日帰りでこなす範疇だけど、平日温泉&芋煮ってのが贅沢の極み。前日の出来事を忘れちゃうくらいでした。

でも、今回の日程は絶妙でしたね。前日は雨だし、前週は紅葉していないし、日光へ行ったら渋滞だったし。初ツーリングの「アミュゼ」さんものんびり紅葉を楽しむことが出来たのではないでしょうか?高速1000円で土曜日の下りは大混雑だから、日曜日に日帰りってのもいいですよね。

そして芋煮幹事の「寺ちゃん」のセッティングには脱帽。YKKでその幹事能力の高さは知っていましたが、あそこまでやるか?普通!Spiritsメンバーとも3秒で打ち解けたのは想定内でしたが(爆)

平日に宿泊って言うのは簡単に出来ないかもしれませんが、たまには有給休暇とって時間を贅沢に使うのもありだなと思いました。また企画しようっと。
また、日帰りツーリングもちょくちょくやりたいなあ。近場の秩父や長瀞はこれから紅葉ですから、11月初旬にでも企画しますかね〜!

ack