History of SPIRITS 
Team SPIRITS・・・ラテンマインドの足跡をここに!

 第95回Spiritsイベント

  思いっきり高速@400円
改め
ゲリラde小海

2004410日:参加1016
ブラッディー155の走行距離は380km

 <メンバーリスト>
フィアットプントELX(レッド&
すえぞう
アルファGTV 2.0V6tb(ジルリン&同乗友人S)(今回初参加)
アルファ156 TS16V(チャチャ&同乗彼女)
アルファ155 2.5V6i-yoko
ルノークリオ ウイリアムズ(シンちゃん)
アウディTTクーペ(cage&お子様)(今回は友人の車で参加)
アルファ155 TS16V(ブラッディー&同乗MIE(今回幹事)

 < 高速のみお見送りメンバーリスト>

アルファ147 TS16V(イスチ)寄居ー碓氷軽井沢
フィアットプント Sporting ABARTH(ともとも)横川ー碓氷軽井沢

BMW 318is(ダブルTOMOMI):東部湯の丸のみ

OFF会報告(本編)画像は「レッド」さんと「ブラッディー」

Byブラッディー@155
チャチャ#1 Bycage@TTクーペ
チャチャ#2 Byすえぞう(今回は運転手)
チャチャ#3 Byきたろー@SZ

この日、最初の計画では「思いっきり高速@400円」という名で関越ー上信越ー北陸の各自動車道を1周しようと言うイベントが企画されていた。
ところがイベント前日の16時に[日本道路公団]を名乗る人物からOFF参加告知板に[当該ルートについては¥12550である」と言う書き込みがあり、その文章の最後には
 なお、4月10日の『企画』につきましては、このような形で公開されていることから、日本道路公団としても強い関心を持っており、
当日の走行経路を確認させて頂く体制を準備していることについても申し添えます。
と書き添えてあった。
ちなみにJHの公式HPで料金検索してもこのルートは[Err]となってしまう。
前日にこのようないやがらせ的(しかも脅し的)行為に出るJHに対して「ブラッディー」は憤慨。当日は集合場所でその後の行動を決める[ゲリラツーリング]に切り替えることとした。

この事件がきっかけで「ブラッディー」は[harry]さんに付き合ってもらって前日は2時まで自棄酒を飲み、就寝時間は3時。翌日の起床予定時間は4時・・・。このことがこの日の波乱万丈の序章であった。

このような事態の中、決行されたツーリングは雲ひとつない快晴にも助けられて思わぬ充実のツーリングとなったのであった。但し、悲しい事件も一つあり、じっくりとオフレポを読んで欲しい

AM5:15ブラッディー宅
「ブラッディー」の朝は携帯電話の音でやってきた。
4時に起床し、会社の同僚[MIE]さんを5時に迎えに行く予定であった「ブラッディー」は前日の自棄酒のために起床できず。なんと[MIE]さんの電話で目が覚めることとなる。
すでに待ち合わせ時間を15分も経過!慌てて支度をして飛び出す。
ちなみに寄居での待ち合わせ時間は6時!ここから信じられない激走を見せることとなる。
[MIE]さんを寒い中30分も待たせてピックアップし、残り時間22分と言う状態で霞ヶ関(埼玉県の)を出発。鶴ヶ島から高速に乗って寄居まで秒読みの中をまっしぐら。
寄居到着は6時3分。3分遅刻・・・。
先週の浜松遠征の帰り、レッドさんにナンパされたすえぞうは、今回も同乗参加です。と思いきや、メインドライバーらしい。え〜?今日は同乗だからスニーカー履いてきちゃったよ。レッドさん、すえぞうをあてにして、前日遅くまで飲んでいた様子。しかも焼酎かよ!困った人だ。(^_^;;;
ちなみにこの[MIE]さん、「ブラッディー」の同僚であるからして、「ブラッディー」のことを[課長]と呼ぶ。一日中「ブラッディー」が他のメンバーからも[課長]と言われて冷やかされたことは言うまでもない。

AM6:15寄居P.A.出発
寄居には「チャチャ」さん、「レッド」さんと見送り参加(前日[Katsumi]さんとラーメン食べに行って徹夜の)「イスチ」さんが到着済み。当たり前である。
そして・・・いた!JHのハイウエイパトロールカーが!
一瞬、横に停めようかとも思ったんですが、小心者のすえぞうはちょいと離れて停車。JHいるかな〜?と思ってPAに入ってので、チャチャさんといすちさんをすっかり見落としてしまい、しばらく2台に気が付きませんでした。
どうやら「ブラッディー」到着前に、これ見よがしに3台の周囲を回っていたらしい。上等じゃあねえか!こっちは違法行為なんて何もやってないもんね。
いたいた!付いて来い!
ここで前日の書き込みの件をひとしきり話し、今日の行き先について相談。
そんな中で[シンちゃん]から電話。[シンちゃん]の家の近くに美味しい蕎麦屋があるという。まずは東部湯の丸まで行って一路北上、木島平を目指す方向で決定!
(この計画が全然違うものになるまで2時間しかかからなかった・・・)
寄居にて

行き先の目処が付いたところで出発!つぎの待ち合わせ場所である横川S.A.に向かって至ってジェントルに、JHの黄色い車の前を通過。本線に合流する。

この日、「レッド」さんは自分の車を出撃させながら運転しないでカメラマンに徹するというプロ根性を発揮。そこで雇われたドライバーは[すえぞう]さん。
「すえぞう」さんは最近ヒーレースプライトの[加速しない][100km以上出ない]
もひとつオマケに止まらないという性能に慣れていたため、プントの加速力に驚愕。本線合流であっという間に見えなくなってしまう。だって、踏むと加速するんだもん。いやいや、至ってジェントルでございましたよ。

今回は当初の計画通り、藤岡から 上信越道に入り「高速撮影隊」を決行!
しかも「ブラッディー」の撮影だけではなく、専属カメラマン「レッド」さんのビデオ撮影もあり。巡航100kmで紳士的に撮影隊を敢行。
<「ブラッディー」撮影画像>
イスチ号

チャチャ号

レッド号 後部座席に注目!

<[レッド]さん撮影画像>

チャチャ号              にょろ吉(助手席から[MIE]撮影中) 

天気は快晴!東京や埼玉では散り始めてしまった桜が群馬県では満開!最高のツーリング日和

妙義山も綺麗              前方に浅間山

4台と言う小回りの聞く編隊なので縦横無尽に撮影を敢行し、あっと今に横川到着。

 

AM7:00〜8:00横川S.A.
ここでは「ジルリン」さんと[i-yoko]さんが合流する。
その前に埼玉組は朝食をとることとするが、到着が余りにも早すぎでレストランが開いていない。7時の開店までS.A.内で遊ぶこととする。そこで[レッド]さんが面白い物を発見!

なんと自作のお札が作れるのだ!「レッド」さんは「すぴりっつ」と言う札を作成。早速「イスチ」さんに貼って遊ぶ
ええオモチャやなぁ

7時になるとレストランが開店。7人は全て朝食バイキングを注文。トレイの上の食事を見ると好みが良く分かる(画像は省略)
簡単に言えばベジタリアンや和食系、こってり系などなど。
朝食バイキング!
レストランで食事をしている時に窓からトランスポーターに乗せたオースチンヒーレースプライトMkT(カニ目)が見える。食事後にこのスプライトが暖機しているのを発見。
「ブラッディー」は早速写真を撮りに行く。そこでオーナーの方に「なにかイベントがあるんですか?」と聞くと、「今日はコッパde小海」があるんです」と言う!
おおっ!そうであったか!ということで寄居での計画は全て廃案。一気に「コッパde小海に行こう!」と盛り上がる。
横川で遭遇のカニ目
実はこのカニ目、その後SPIRITSに入会することとなった「きたろー」さんがかつて乗っていた愛車なのである!!なんという繋がりだ!

<「きたろー]さんからのメッセージ>
ちょっと前のイベントのことですけど、コッパde小海のオフレポのカニ目。
あのヒーレー、実は僕の以前の愛車です。
昔のオートメカニックにあのヒーレーと共に載ったりしています。
あのヒーレー、自分で全塗装したりしています。
エンジンは昔のレーシングカーから剥ぎ取ったブロックを使ったりしたので、アホみたいに良く回るエンジンでした
でも無負荷の時だけ(笑)
走ると笑えるくらい遅かった。。
でもスポーツカーですよ♪
ちなみにドナーとなった車も昔Tipoに載ったりしてました。

「きたろー」さんが乗っていた頃!!



そんな中で[i-yoko]さん、「ジルリン」さんが相次いで到着。さらに参加不能と言っていたはずの[ともとも]さんが見送りで登場!
「ブラッディー」は「ジルリン」さんと初対面。「ジルリン」さんは会社の同僚を連れての参加。そして「ブラッディー」同乗参加の[MIE]さんは群馬の出身で、なんと「ジルリン」さんのお店を知っていると言う!世間は狭い。

横川で集合の図             集合写真

8時を過ぎて出発。見送り隊の[ともとも]さん、「イスチ」さんは横川軽井沢で降りることとなり、7台から5台に減った隊列は東部湯の丸を目指す。
碓氷軽井沢までも「レッド」さんのビデオ撮影は絶好調。各車とも隊列を乱さずに紳士的。ちなみに碓氷軽井沢ー佐久間の1車線規制はなくなり、快適なツーリングは続く。

佐久を過ぎると再びの高速撮影隊が本領発揮。
<「ブラッディー」撮影>

レッド号

ジルリン号

i-yoko号


<[レッド]さん撮影>

チャチャ号               i-yoko号

ジルリン号               にょろ吉

 

AM9:00東部湯の丸S.A.
ここでは長野支部[cage]さん、[シンちゃん]と待ち合わせ。 さらに2週間の旅行に出かける予定の[TOMOMI]さんが見送り参加。
関東組5台が到着してからすぐに[シンちゃん]と[cage]さんがやってくる。
[cage]さんは今回友人の車であるアウディTTでお子様を連れての登場。実はこの日、お子様と二人で新潟の海に行こうという計画だったのである。
そこで「ブラッディー」はみんなに「コッパde小海]に行こうという計画を提案。長野支部長[cage]さんは毎年見に行っているイベントであり、昨年はSPIRITSイベントの幹事もしていたのである。全員一致で行き先は決定!
ここでようやくこの日の計画が決まり「ゲリラde小海」が成立する。
9時を回ったころに[TOMOMI]さんがエロティックな色彩を放つ愛機で登場。助手席にはもちろん彼女の[TOMOMI]さんも!

集合した7台!空には雲ひとつない

この日の[cage]さんの愛機        [TOMOMI]さんの愛機
東部湯の丸集合写真

なんかアメリカ横断ウルトラクイズみたい・・(行く先々で集合写真)

ここで[TOMOMI]さんとは別れ、残りの7台は道を知っている[cage]さんを先頭にして隊列を組んで一般道へ(高速降りちゃうんだもんね〜toJH)
しんがりは同じく長野組の[シンちゃん]がつとめる。
ルートは千曲リバーサイドライン(だっけ?)−国道141号
通称千曲ビューラインというらしいです
千曲側沿いを走る県道はちょっとしたワインディングでなかなか楽しい。先頭[cage」さんは走行距離500kmにも満たない新車のため、ちょっと押さえ気味で走行。
公式見解はリミット3000rpm守っていたから。でも実際は始めてのTipに悪戦苦闘中だったらしい
それでも離されるんですけど。雇われ運転手にスピリッツのワインディングは厳しいなぁ。

隊列を妨げるシケインもいない
[レッド」さんは途中の信号待ちで隊列先頭まで走ってきて撮影したり、とにかく忙しい。
ビデオもデジカメも両方駆使してあたふたとしている姿にみんな大笑い。
一緒の車内はもっと楽しい。だって走行中に後部座席に移動するんですよ。もー、子供じゃないんだから。(^_^

[レッド」さん苦心の撮影         と走っている「レッド」さん

いそいで、レッドさん!信号変わっちゃうよ


佐久の市街を抜けるあたりで若干の渋滞。この渋滞中に不幸な事件は起こった。

 

AM10:00臼田でアクシデント発生
臼田の町の中心を通過中、トランシーバーに「レッド」さんからの[止まって下さい]の声が入る。何が何だか分からず、「ブラッディー」が聞き返すと[追突]と言う言葉がかろうじて聞き取れる。
ところが先頭の[cage]さんにはトランシーバーがない。そこでパッシングしながらホームセンターの駐車場に一度隊列を入れる。
真相は・・・最後尾[シンちゃん]がなんと「ジルリン」さんに追突。臼田警察署近くに車を止めていると言う。
そこで「ブラッディー」が事故処理現場に向かい、とりあえずみんなには待っていてもらう。

追突した[シンちゃん]のウイリアムズ   追突された「ジルリン」さんのGTV

「ジルリン」さんの友人Sさんは無防備だった関係でムチ打ちになってしまう。
GTVの損傷は少ないが、ウイリアムズはファンの動きに難がありそう。
怪我があるということで人身事故扱いに出来るよう、警察に連絡して事故処理係を呼ぶこととなる

ライトポッド取り外し後         パトカー到着

処理に時間がかかると言うことで、残りの4台には先に行っていてもらうこととする。
ホームセンターに置いてきぼりとなった[MIE]さんは走って!事故現場まで駆けつける。[ブラッディー」[MIE]さん共に追突ムチ打ちを最近経験しており、Sさんを気遣う。
Sさんは首を痛めかなり辛そう。[シンちゃん]は自走できそうにないため、ローダーを手配する。
[シンちゃん]の話では「なぜ追突したのか良く分からない」と言う。どうやらトロトロと渋滞気味の道を走行中に、アクセルとブレーキを踏み間違えたらしい。身内同士だったのは不幸中の幸いか。

結局この事故処理に1時間ほどを要し、事故現場を出発したのは午前11時ごろ。
[シンちゃん]はここで離脱し、「ジルリン」さんと「ブラッディー」の2台ランデブーで小海リエックスを目指す。途中、薬局で湿布剤を購入し、Sさんの応急手当てを行う。
コーナーのGには辛いらしい。

 

PM12:00 “小海リエックス”到着
昨年は大雨だったこのイベント。今年は抜けるような青空。
駐車場には昨年にも増して我々のお仲間でいっぱい!しかも希少車ばっかり!
すでに先行の4台は到着済み
一番遠い駐車場に車を止めて、歩きながら撮影を敢行。途中、「みんなとはぐれてしまった」という[cage]さんに遭遇。この後の予定があるのでここで[cage]さんは離脱すると言う。
ということでこの時点での残存は5台9名。入れ替わりの多い日だ。

では、駐車場にいた車たちを一挙に紹介。

ACコブラ&オペルスピードスター     アルファSZ(ES30)

TVRキミーラ&アルファジュリアTI    アルファジュニアザガート

アストンマーチンのこれなんだっけ?   新旧アルファスパイダー

アストンマーチンDB7          アルファ1750GTV

フェラーリ308GTB

そしてエントラントの車(こちらはもっと貴重)

ポルシェ356シリーズ

MG-A、トライアンフ、オースチン     ジャガーEタイプ

ジャガータイプT&U          アストンマーチンDB5

アルピーヌA110             アルファジュリエッタ

アルファジュリエッタSZ         アルファジュリエッタSS

アバルトいろいろ

フェラーリ275GT

フェラーリ365GTB4デイトナ       新型ランボ2台ムルシエラーゴとガヤルド

ここがスタート地点。リエックス正面玄関 ゲレンデには雪、天気は快晴

12時半ごろにみんなと無事合流。まずは昼食を食べることとする。
その時に入り口ではグッズショップが・・・あ〜また散財してしまうByブラッディー

やっぱり・・フェラーリ308GTBのビデス製希少ミニカーを発見して即購入!!

小海リエックス内にはレストランがホテル併設で完備されている。そこで、9名は昼食をとる。昼食はまたもやバイキング。確か今日の最初の予定では各S.A.の美味しい食を楽しむ予定であったのだが・・・。
まあ、食べられるだけましとしよう。
ここでも各自の好みが別れる。バイキングの中身はカレー、クリームパスタ、たこ焼き、焼き鳥、サラダ・・・なんだかスーパーのお惣菜コーナみたいである。
たこ焼きに焼き鳥。いちおう高級リゾートホテルなんですが
メインディッシュがいまひとつだったのは、遅かったからですかね?たこ焼きって、アナタ。


腹も一杯になったところでいよいよ「コッパde小海]観戦に向かう

PM1:00 “コッパde小海”イベントスタート
スタート地点から続々とヒルクライムに出発してゆくエントラントたち。
1番から59番までがタイムラリー、60番から108番までがヒルクライムタイムアタックと言う2グループに分けてのイベント運営となる。
スタートはホテル前の車寄せから一台づつ紹介されて出てゆく。
ではスタートシーンの車たちを紹介(一部の車は名前が分からん・・)

MG-A           オースチンヒーレースプライト  ん?なんだっけ?
中央のスプライトは横川で出会った車そのもの。運命の出会いである

ジャガーEタイプ       エラン軍団        ロータスエリート

アルピーヌA110       アルファのなんだっけ?   ジュリエッタベローチェ

ジュリエッタスパイダー   ジュリエッタSZ       こちらもジュリエッタSZ
ちなみに右のSZは元CG編集長の小林彰太郎さんの車。他にも常連有名人として
唐沢寿明さんと堺正章さん は今年もエントリー

小林
彰太郎さん             唐沢寿明さん
唐沢さんがスタートする直前に、なんと[MIE]さんは唐沢さんに電撃インタビューを敢行!
[がんばってください]
の言葉に
「う〜ん、ダメかも」
と答える気さくな唐沢さんなのであった。因みにその後、[MIE]さんが有頂天、上の空、はしゃぎまわりの躁状態に陥ったことは言うまでもない。
小海にはほぼ毎回参加しているけど何故か奥さんの姿を見かけた事がない・・・山口智子だよね?
と脱線はこの辺にしてさらに紹介を続けよう

これなんだっけ?      唐沢さんの車もなんだっけ? フェラーリ275GT
後日談:物知り「五号機」さんからのカキコで、唐沢さんの車は[O.S.C.A.オスカ]と判明!イタ車です。マセラティーから分家したらしい。

フェラーリ275GT      フェラーリデイトナ    ランボルギーニガヤルド
ガヤルドは女性レーシングドライバーが運転。この人!カッコよかった。

中にはスタートできない車もあり、エントラントもオフィシャルも大変。
でも、古い車って見ていてなんとなく微笑んでしまう。
ゼッケン95、スタートできず!

全車がスタートするとヒルクライムがスタートする。我々もかなりの下り坂を下って移動。観戦ポイントを探す。
前回はかなり下のほうまで行ったのであるが、今回はちょっと手前の高速Rアウト側に陣取る。
ところがオフィシャルから「突っ込んでくる車もいないとはいえないので」テープの外に移動させられる。
Sさん曰く「テープの裏なら大安心」…そうね。(^_^;

ヒルクライムは、もはや息も絶え絶えという車などがいて応援したくなる楽しさがある。
反対にフェラーリなどはめちゃめちゃ速い!
最後に走った最新型ランボ2台はレーシングドライバが運転していると言うこともあってすさまじい速さ!

では、ここでヒルクライムの車たちのショットをお目にかけよう。





[レッド」さんはこのヒルクライム観戦中に撃沈。電池が切れたらしい。
しかし10分後に突然起き上がってまた撮影を開始するというタフさ!
でも、しっかり証拠写真は撮られる
←太陽電池充電中

最初のヒルクライムが終了すると時間は15時。そろそろ帰途に着くことにする。
炎天下でずっと外で見ていたということもあって、女性陣は日焼けが辛い。
全員が若干脱水症状気味ということで小海リエックスを出てから最初のコンビニに寄る。
141号線沿いのコンビニにて
ここで小休止してエネルギー補給&トイレ

帰りのルートは国道141号ー国道254号ー下仁田ー上信越道。
国道沿いの桜は満開状態で窓を全開していると気持ちよい。
この隊列走行中に「レッド」さんと「ブラッディー」が会話する
「え〜今日の夜会は行きますか?」
「行きます」
「では、BBSに告知しておいてください」
飲むんだな、やっぱり。

下仁田までは全車一緒に移動し、下仁田で[i-yoko]さんが離脱。
下仁田インターからは上信越自動車道に乗って最初のP.A.である甘楽に入る。
甘楽P.A.到着時間は17時30分。ここで夜会開始時間を20時半と決定。
埼玉組の6名は全員参加。あとはBBSを見て最低2名は来るだろうと予想。


甘楽の桜をバックに           最後の集合写真

ここからはバラバラで帰宅することとして解散。「ジルリン」さんは追突後遺症なのか、リアの挙動がおかしいと言うことでショップに連絡を取る。

<最後の高速撮影>

ジルリン号               レッド号
夕陽をバックにした逆光撮影も良いなあ。

上信越道、関越道共に渋滞もなく、「ブラッディー」と「チャチャ」さんはランデブーで東松山へ。「レッド」さんは[すえぞう]さんと共に鶴ヶ島へ。
「ブラッディー」の帰宅時間は19時。

 

PM20:30:夜会atJURA
夜会告知で参加してきたのは「ともとも」「す5046][ぴっぽ@青バル]の3名。
従って昼間から参加の6名と合わせて9名の大所帯。
[レッド」さんは画像をCD-Rに焼いて「ブラッディー」と[MIE]さんにプレゼント。
[ともとも]さんは朝も参加して夜会も参加すると言う、名づけて[キセル参加]! 
この日の話題は当然JH!まあ、料金の話は当然であるのでみんな納得しているが、警告と言うよりも脅しとも取れることを掲示板に書いてしまう行動に一同憤慨。従って酒がどんどん進む(ん?なんか違う?)

女性陣2名はビールが飲めないので、基本的にピッチャーを平らげる係は男性陣7名。
ところがこの日の我々はすごかった。なんとピッチャー11杯を平らげて完全に酔っ払い集団と化す。
また、[MIE]さんはカクテルに酔ったのか?睡眠不足なのか?撃沈モードに入る。


ま、こんな感じで飲んでます       [MIE]さん撃沈

23時、飲み疲れた夜会も解散。各自帰宅の途に着く。
JURAの従業員もあきれる一人当たり1.5ピッチャーの記録が生まれたのであった。
ほんと、あきれちゃいますね。

 

編集後記
SPIRITSっていいですねー。逆境にあっても何してもそれをバネとしてさらに楽しんでしまうこの精神!
最近警察やら道路公団にかなり嫌がらせを受けていますが、そんなことではへこたれないぞ。迷惑をかけないし、法規を守っている以上、堂々と遊んじゃいましょ。

昨年のコッパでも思ったんですが、やはりあのような旧車たちがいつまでも元気に走ってもらいたいものですね。
特にSPIRITSにも[すえぞう]さんの旧車が一台ありますんで、大切にしてゆきましょう。
来年は[すえぞう]さんもエントリー?と言う声もチラホラ上がっていました。
えー?でもリエックスにピッチャーないんでしょ?←何に参加するつもりだよ。

最後に追突事故の件、残念です。追突の場合は後方の車両が全面的に悪いと思います。身内でよかったと思う反面、[シンちゃん]の今後の誠意が鍵と考えます。
[シンちゃん]もウイリアムズが大破してしまったことでショックを受けていると思いますが、Sさんの怪我を最優先に対処してあげてください。

これをお読みの皆さんもツーリング中の事故にはくれぐれも気をつけて。
車のクラブとなるとどうしても事故と隣り合わせになってしまいますね。もともと人に備わっている以上の能力を振り回すわけですから、上手にコントロール(運転の上手下手じゃなく)できるといいですね。シンちゃんもジルリンさんもSさんも、これに懲りずにまた遊びましょうね。
主催者としては事故の後処理までは責任を負えないので、皆さん一人一人の注意が必要です。

back