History of SPIRITS 
Team SPIRITS・・・ラテンマインドの足跡をここに!

第37回Spiritsイベント

紅葉の会津グランドツーリング

20021026〜27日:参加台数 13台 14名
走行距離は
約600km

 <メンバーリスト>

本隊
アルファ156V6す5046今回幹事
アルファ147TS16V(イースーチー
アルファ156TS16V(チャチャ)(復路:ブラッディー同乗)
アルファ156TS16V(まつたけ)
アルファ164QV(ルッソ)
アルファスパイダー(harry)
アルファスパイダー(グランブルー)
ランチアデルタHFインテグラーレEVOT(デルデル)
フィアットバルケッタ(ぴっぽ@青バル)
フィアットプントELX(レッドポイント)(往路ブラッディー同乗)
MG−F VVC(すえぞう)
スバルアルシオーネSVX(Miya)

突如合流
アルファ155TS16V(赤蛇15号

お待たせしました!秀逸のOFF会報告(本編)

「会津グランドツーリングbyす5046」→をクリック

OFF会報告(暫定版)

byブラッディー(今回は車載カメラマン)

26日 (土)、降水確率80%の予報の中、いよいよ2年越しの計画「紅葉の会津グランドツーリング」が開催された。
今回は幹事「す5046]さんからいずれ発表されるであろう正式版までのつなぎとして、「車載カメラマン」を担当した「ブラッディー」が暫定版をお届けする。

朝8時、上里S.Aに集合したのは本隊12台13名。雨がぱらつく中での集合となる。「スーパー晴れ男」はこの事態を打開できるのか?
1号「グランブルー」:晴れるんです。大丈夫です(きっぱり)
2号[harry]:20%も確率があれば充分でしょ(あっさり)
3号「ブラッディー」:晴れを予約しておいたので大丈夫(すっぱり)

では集合した車たちをお目にかける。



そして幹事「す5046」さんによる行程説明。なんと遠足のしおりは20ページの大作!さらにコマ図が8ページ!!いまだかつてこんなにマメな幹事はいなかった・・・。

今回は「レッドポイント」がデジタルビデオカメラを持参。「レッドポイント」号に「ブラッディー」が同乗して専属カメラマンを担当。しかも普通のデジカメと二刀流!
ビデオはそのうち公開される?としてここでは選りすぐりの走行シーンを公開!

幹事「す5046]                [ルッソ]164

「グランブルー」スパイダー      「ぴっぽ@青バル」バルケッタ

「デルデル」デルタ       「まつたけ」156

「イースーチー」147

[harry]スパイダー                   なによ!これ!


パレードラン!!

そして・・・「晴れ男パワーは偉大だった」
なんと関越トンネルを抜けると・・・・そこは晴れていた。しかも青空まで!
低気圧を吹き飛ばしてしまったパワーはなんなんだ?

そんなこんなしているうちにあっという間に大和P.A.着


ここで「レッドポイント」号はドライバー交代。いよいよ撮影のプロ「レッドポイント」がビデオを握る。
小出I.C.を出て12台の隊列は一路会津の山奥へ!目指すは昼食予定の「山菜会館」

青空が・・・「山菜会館」に到着する頃には空は晴れ渡り、行楽日和になってくる。
ここで食べたのが「山菜定食」&「ニジマス塩焼き」&「天ぷら」

うまいのなんのって・・あなた!完璧にみんな平らげましたです。お値段は幹事さんの活躍で1500円!安い!

ここから隊列は田子倉湖を目指す。ここの道は工事箇所が多い。何度も工事信号に引っかかるが、トランシーバーの恩恵で迷子はなし。

なんで?[harry]の車に「レッドポイント」が!自分の車のステアリングを「ブラッディー」に預け、カメラマンに徹するプロ根性!!(プントちゃん、いい車でした・・登りは辛いけど・・byブラッディー)
登ってゆくにつれて葉の色が変わってくる!
田子倉湖にて

ここからは工事区間も少なく、快適な紅葉ツーリングが展開する。目指すは本日の宿「おおもも荘」である。

国道400号は非常に道も良く、天気も良く、紅葉も綺麗。快適に飛ばす一団は11台。残りの1台は・・・。「レッドポイント」と「ブラッディー」の乗るプントELX。とても付いていけないってば!

途中、「からむし織りの里」で休憩!見てくださいよ、この紅葉と晴れ空!

ここから国道401に入り、一路宿を目指す。途中の道幅の狭い区間は4台単位で走行!
紅葉の森の中を行く!

「おおもも荘」手前のスーパーマーケットで買出しをする。何を買うかって?「夜会」の下準備に決まっているではありませんか!
で、ビール30リッターとつまみ購入!

17時、おおもも荘に到着。早速支度をしてお風呂へ!といっても宿のお風呂ではなくて15kmほど離れた桧枝岐温泉「駒の湯」。やっぱりSPIRITSツーリングは温泉でしょ!
19時、宿に帰って夕飯。ここで「イワナの骨酒」をいただく。これははまった!クイクイ飲めちゃう!

しかも最初に出てきた料理だけでこのボリューム!このあと続々と料理が登場して全員腹いっぱい。
イワナ、天ぷら、さらには焼肉、餃子まで出てきた!
これは買ってきた30リッターのビールが入らないかも・・・

20時、一番大きな部屋に集合して夜会が始まる。今回はなんと!「ルッソ」さんがビデオデッキを持参。ここでアルファチャレンジ車載ビデオの鑑賞会が始まる。
そして・・・「デルデル」さんは筑波走行会の車載ビデオを持参。何で持っているの?
さらに・・・「レッドポイント」さんの往路のビデオをここで鑑賞!今日の出来事全てが収まっためちゃおもろいビデオ!これは売れる!
当然ではあるが・・・ビールは飲み続けられる。そして・・・


お約束の撃沈!今回はみんな早い?

と思いきや、「レッドポイント」が復活して何とキャンプ用のコンロを取り出す!即席の缶詰料理を提供!
これが特製つまみ!うまかった!

撃沈者は12時を回ると激増。結局2時半に夜会は終了する。

27日(日)朝7時
SPIRITSの朝は二日酔いで始まる・・・のはブラッディーだけという噂もある。
「ブラッディー」は完全にまだ「酔っている」状態。朝食も無理やり食べる。みんなは元気!
従ってレポートを書くだけの記憶がない・・・。

9時半に「おおもも荘」を出発。ここで「レッドポイント」さんは仕事に向かうために一足先に帰宅。
みんなで分岐地点で見送る!

前日にも増して晴れ渡る青空!天気予報って当てにならないよね??
そして二日酔い「ブラッディー」は「チャチャ」号に同乗したが、あまりの気持ち悪さに爆睡に入る。
よってここから「塔のへつり」までの記憶なしzzz。

11時「塔のへつり」到着。ここは福島県の新30景の一つとか。水と岩肌の調和が見事でした。
最近のSPIRITSは観光もするんだぞー。
大人の遠足!!

次に向かった先はかの有名な「いわなおやじ」のいる「東北釣堀園」
ここで昼食に岩魚を食べる。焼きながらの講釈がまたたまらないらしい。
イワナを焼く図
ところが・・今日はイワナおやじはいなかった。なんでも下見の時には
「焼く角度は45度。焼く向きは6方向焼き・・・」
というウンチクがたまらなかったとか・・・。

とにかくイワナはうまい!頭からバリバリかじれる。全員1尾&蕎麦や定食を食す。定食には「小さいから」といって2尾のイワナがサービスで付く

これが「イワナ定食!」1450円でこのボリューム!!

イワナを食べる「イースーチー」(あ、怪しい人?)  イワナを持たせてもらう「ぴっぽ」(うれしそう)

ここからは帰宅ルートに入る。天気は最高。紅葉も最高!この辺で「ブラッディー」復活してくる。
そこで再開!車載カメラマン

見てください!この雄大な自然!

そして最後の立ち寄り地である羽鳥湖へ。ここの紅葉は絶好調。駐車場に止めた「ルッソ」さんの164に紅葉が写りこみ、こんな芸術写真が撮れました。

 

そして、一行は帰路につく。ここから白河インターまではほぼ1本道。つづら折れの快適な道をひたすら白河へ。
白河市内に入って「ブラッディー」の携帯電話がやっと使えるようになる(今回は圏外ばっかり)
すると・・・なんと「赤蛇15号」さんからのメッセージが!
「出撃準備完了。これから迎撃体制に入る」
!?!?
早速「赤蛇15号」さんに電話をすると、現在那須インターを過ぎて走行中!上り線の「那須高原P.A.」で合流することに!白河で引き返してくるとのこと。す・・すごすぎる。

ということで突如登場「赤蛇15号」
那須高原P.A.からは各自、自分のペースで帰ることにしてここで解散。
「赤蛇15号」さんとの再会を約束(来週と言う噂も)してみんなで集合写真を撮る。

幹事「す5046]さんの解散宣言後にへんな連中が・・・
ギター持込の「ぴっぽ」から奪い取って自分で演奏する「イースーチー」。
「東京」の看板が何かを訴えているようだ・・。

そして東北道走行中の「赤蛇15号」を激写

帰路の東北道はあちこちでちょっとした渋滞があり、2,3km単位でのノロノロ運転もあったが、おおむね順調に走れました。「チャチャ」号は羽生で降りて一般道で帰宅。
そして、川越市内でなんと「ルッソ」号と際遭遇。あれ?
「チャチャ」に送ってもらった「ブラッディー」の帰宅時間は6時半でした。

楽しい2日間の終わりを告げる夕陽

幹事の「す5046」さん、こまごまとしたお気遣いありがとうございました。
そして自らアメニティーグッズを持ってきてくださった皆様、SPIRITSはそういう参加者の皆様によって盛り上がっていると思います。
いつものことではありますが、事故もなく大変楽しいバケーションをありがとうございました。

 

back